カード決済端末を導入する前に知っておくべき事

カード決済端末導入にあたって


カード決済端末を導入するには大きく分けて2つの方法があります。

一つ目はクレジットカード会社と直接契約する事です。

VISAやJCBなどに直接連絡して、カード決済の許可を受けるための審査に通らなければなりません。

しかし、この審査は大変に厳しく、資本の額や信用度を審査しますので、通常の小さな小売店では審査に通る事は殆どありません。

審査に通ったとしても10万円以上する年会費を支払う必要があるのです。

二つ目の方法は決済代行会社を使用する事です。
決済代行会社とは、既にクレジット会社への審査に通った代行会社に一定の手数料を支払って、自分のお店でカード決済を可能にする方法です。

この方法だと、年会費を支払う必要はありませんし、厳しい審査もありません。

ですので、最近小さな小売店でもクレジットカード決済端末を導入できている店舗が増えてきているのはこのためです。

現在、数十社代行会社がありますが、その中でも最も人気で手数料の安い3社を紹介します。

カード決済端末導入についておすすめの3社

 

AirPay(エアペイ)


リクルートが運営している会社で、振込は月3から6回あり、振込手数料はかかりません。

また、決済端末はキャンペーン中は無料となっており、対応できるスマホはiPhone,iPadのみです。

特徴としては、Suicaなどの交通系電子マネーの決済ができるという事です。

決済手数料はVISA、Master、AMERICAN EXPRESS、交通系電子マネー(SuicaやPasmoなど)は3.24%
JCB、Diners、Discover、アップルペイは3.74%

AirPay(エアペイ)詳細スペック

 

Square(スクエア)


アメリカ資本の会社で、振込は最短翌日で、振込手数料は無料です。

ただ、決済端末は4,980円で販売していますが、全てのスマホに対応している事が特徴です。

決済手数料はVISA、Master、AMERICAN EXPRESS、Diners、Discoverは3.25%
JCBは3.95%

Square(スクエア)

 

楽天ペイ


楽天が運営しているサービスで、振込は最短翌日ですが、1回につき、210円が必要です。

また、決済端末はキャンペーン中は無料です。

すべのスマホに対応している事も特徴です。

決済手数料はVISA、Master、AMERICAN EXPRESS、楽天カードは3.24%
JCB、Diners、Discoverは3.74%

楽天ペイ詳細スペック