カード決済端末はやっぱりパナソニック?

カード決済端末はパナソニックの一人勝ちなのか


決済端末と言えばパナソニックと考える人は多いようです。

確かに昔からカード決済端末のパイオニアとして、かなりのシェアを占めている事は確かです。

しかし、価格が高い事が導入をためらうネックになっていることが多いようです。

確かに大手の家具店などにはおいてありますが、その他の小さな小売店などではあまり見かけませんよね。

実はかなりの高額なので、小売店で導入するにはかなりのリスクがある事が問題でした。

しかし、最近では、スマホを活用したカード決済のできる端末が出てきているのはご存知でしょうか。

スマホのアプリに売り上げ金額を入力して、後は、小さな端末にカードを読み込ませれば決済は完了します。

また、多くは交通系電子マネーにも対応しているので、大変便利です。

最近では、オシャレな喫茶店やアパレルなどにも導入されており、持ち運びも便利で、従業員全員に持たせている会社もあるようです。

この様に、現在では、小型化と端末の安さで勝負しているカード決済代行会社が増えてきました。

しかも、代行会社は有名な企業が運営していることが多く、信用度も高いのが大きな特徴になっているようです。

そこで、最近人気のスマホを活用したカード決済代行会社を3社紹介します。

カード決済会社で人気の3社とは

 

AirPay(エアペイ)


リクルートが運営しているサービスです。

決済手数料はVISA、Master、AMERICAN EXPRESS、交通系電子マネー(SuicaやPasmoなど)は3.24%
JCB、Diners、Discover、アップルペイは3.74%

交通系電子マネーに対応しています。

振込は月3-6回で、振込手数料は無料です。

決済端末はキャンペーン中は全額キャッシュバックされます。

iPhone,iPadのみの対応となっているようです。

AirPay(エアペイ)公式サイト

 

Square(スクエア)


アメリカ系の会社です。

決済手数料はVISA、Master、AMERICAN EXPRESS、Diners、Discoverは3.25%
JCBは3.95%

交通系電子マネーには対応していません。

振込は最短翌日で、振込手数料は無料です。

決済端末は4,980円です。

全てのスマホに対応しています。

Square(スクエア)公式サイト

 

楽天ペイ


楽天が運営しているサービスです。

決済手数料はVISA、Master、AMERICAN EXPRESS、楽天カードは3.24%
JCB、Diners、Discoverは3.74%

交通系電子マネーは2017年夏から対応予定です。

振込は最短翌日で、振込手数料は1回210円です。

決済端末はキャンペーン中は無料です。

全てのスマホに対応しています。

楽天ペイ公式サイト