カード決済手数料の最安値を調査!

カード決済はなぜ手数料が必要なのか

calculator with the word commission on the display



カード決済を行う人が増えてきているようです。

現在日本のカード発行枚数は3億枚を超えているとも言われています。

しかし、10年ほど前までは、これら急速に増えたカード重要に応えるカード決済の出来るお店が少なかったのです。

これには理由があり、以前はカード決済を導入するためには、各クレジットカード会社と契約する必要がありました。

この契約には厳しい審査が伴い、小さな小売店では、信用力が足りずにほとんどのお店が審査を通過する事はできませんでした。

また、審査に通過したとしても、10万円以上する年会費をそれぞれカード会社毎に支払わなければなりません。

10社のクレジットカード会社と契約すれば、それだけで、年間100万円以上のコストが必要になってしまいます。

この様に10年ほど前までは、リスクが高すぎて、小売店では導入を見送っている人が多かったのです。

しかし、最近になって、カード決済代行という新しいサービスを提供する会社が出てきました。

これは、クレジットカード会社と小売店との間に立ち、決済手数料を受け取る代わりに、各カードを決済する事ができるというサービスです。

このサービスの特徴は年会費が必要ない事と、審査が簡単であるという事です。

ですので、最近ではこのサービスにより、カード決済のできる小売店が増えているのです。

では、これら手数料が最も安いと言われている3社を紹介します。

決済手数料最安値の会社とは

 

AirPay(エアペイ)


リクルートが運営しているサービスです。

決済手数料としてはVISA、Master、AMERICAN EXPRESS、交通系電子マネー(SuicaやPasmoなど)は3.24%
JCB、Diners、Discover、アップルペイは3.74%

交通系電子マネーに対応しています。

月3-6回の振込で、手数料は無料です。

カードリーダーはキャンペーン中は無料です。

iPhone,iPadのみ対応しています。

AirPay(エアペイ)公式サイト

 

Square(スクエア)


米国企業です。

決済手数料としてはVISA、Master、AMERICAN EXPRESS、Diners、Discoverは3.25%
JCBは3.95%

交通系電子マネーには対応していません。

最短翌日の振込で、手数料は無料です。

カードリーダーは4,980円です。

全てのスマホ端末に対応しています。

Square(スクエア)公式サイト

 

楽天ペイ


楽天が運営しているサービスです。

決済手数料としてはVISA、Master、AMERICAN EXPRESS、楽天カードは3.24%
JCB、Diners、Discoverは3.74%

交通系電子マネーは平成29年夏から対応予定です。

最短翌日の振込で、手数料は210円です。

カードリーダーはキャンペーン中は無料です。

全てのスマホ端末に対応しています。

楽天ペイ公式サイト